• トップ /
  • 職場での結婚の報告マナ-

職場への報告義務と時期

職場での結婚の報告マナ-

まずは直属上司に結婚の報告を

結婚が決まったら舞い上がってしまって、つい仲の良い友人に1番先に報告したくなるのは当然のことです。しかし、その友人が職場の同僚であったなら事情は少し変わってきます。何故ならば社内における結婚報告は社会人として守らなければならないマナ-があるからです。結婚は個人的な問題だから、いつ誰に報告しようが構わないのではないかと思われがちですが、職場に影響を与えるものなので、必ず職場には時期をみて報告することが必要です。ではその結婚報告の時期ですが、実際に結婚する3、4か月前が望ましいと言えるでしょう。このぐらい前ならば新婚旅行で長期に会社を休むとなっても、担当の業務を代わってくれる社員を探しやすくなります。大切なことは報告の順番です。結婚するということはまず直属の上司に伝えるべきです。どんなに仲のよい同僚が居ようと、上司を差し置いて結婚報告をしてしまい、後から第三者から上司の耳に入ったとなると上司のメンツは潰れてしまいますし、後から第三者から上司の耳に入ったとなると上司のメンツは潰れてしまいますし、そうなると最悪の場合は、結婚後の直属上司との関係も微妙になってしまう場合があります。そういった面倒を避けるためにも職場における結婚報告は、きちんとマナ-と順番を守ることが肝心と言えるでしょう。

結婚の深い情報

↑PAGE TOP