• トップ /
  • 結婚報告は結婚してすぐ行なう

結婚報告の基本的なマナー

結婚報告は結婚してすぐ行なう

結婚報告のマナーを知っておく

結婚報告は結婚したことを周囲にお知らせするとともに改めて人間関係をつくっていくという意味でも大切なことです。結婚式などに参列してくれた方にも、改めて結婚報告をすることで感謝の気持ちを伝えることができます。また事情があって参列できなかった人にもこれからも引き続きお付き合いをお願いしますという意味も込めて結婚報告をしておくとよいでしょう。また結婚をすると住所などの連絡先が変わることも多いので、相手に問い合わせをさせる手間を省くという意味でおいても結婚報告をすることはマナーだとも言えます。結婚報告の基本的なマナーとしては、入籍や結婚式を挙げてから一ヶ月から二ヶ月の間にした方がいいとされています。しかし例えばあまりつき合いのない知人や親戚などや出すタイミングを逸してしまった相手に関しては、年賀状や暑中見舞いとしてお知らせしてもマナー違反にはなりません。またほとんどつき合いのない方には結婚のお知らせは逆に何かを催促しているとも受け取られかねないので無理に報告をする必要はないでしょう。あくまでもおめでたいことなので、親しい人たちにお知らせするだけで大状だといえます。ただ失礼がないようにマナーだけは守るようにしましょう。

結婚の深い情報

↑PAGE TOP